By: Martino!

7月17日。台風の影響で午前中より、風が一層強まりました。窓を閉めると暑いので、窓だけは開けているため、風の大きい音がします。さらにテレビがついていると気が散ってしまうので、消して相場観察を行っています。台風は嫌ですが、強い風が扇風機の代わりになるのでいいかなぁと思っています。これこそ、自然エネルギーを生かした生活。東京時間午後の相場です。午前中の相場と比較して、クロス円の値幅は今も狭いままです。

豪ドル円の午前中の安値は91.90で高値は92.10。午後もどちらにも値を広げていません。外の音が騒がしくても相場は静まり返っていて、すごいギャップを感じます。静と動で表現すると今日の相場は静で、外の強い風が動です。これでバランスが取れているからちょうどいい。もしも、相場までが荒れているとしたらどうなるのでしょう。実際トレード出来ないし、デモトレードで練習をしても質の高い練習は出来ないので、上達への道が遅くなってしまいます。さらにいつもの場合、荒れ相場は見ていて気持ちが落ち着かないものなのでそういう場合は、外出して喫茶店に入ったりショッピングをして何とか乗り切っています。

ですが、台風接近で外出もできないので退屈になりますね。そうなると、出来ることと言えばパソコンを閉じて、読書をしたり、寝る時間にしたり、音楽を聴くことですね。天気も相場も不安定な場合は見ないで別のことをするのが一番です。もし見たくなったとして、見てしまえば気持ちが乱れて別の日に持ち越す恐れがあるので我慢ですね。嫌なものをどうしても見てしまう癖がある場合、強制的に直すしかありません。FXで嫌なものといえば、損切りですよね。これは避けては通れませんし、ポジションを持ったら絶対設定しないといけません。

だけど、損切りになる嫌な瞬間を見ない道は選ぶことが出来ます。パソコンの電源を切ってあえて見ないように訓練しましょう。直接見てしまえばショックが大きいですが、パソコンを離れて知らない間に損切りになっていれば気持ちは少し軽めです。損切りになる瞬間は見ない道を選ぶことは出来ますが、避けることは出来ません。ですが荒れ相場などの嫌な相場は100%見ない道を選べます。そういう相場だと知った場合、楽しいことをしてごまかして、見なかったからこそよかった♪というようにポジティブな気持ちを自分に植えつけるのです。