By: John Stratford

FXをやる上で気にするのが経済指標が発表される日です。経済指標は国の経済に関する数値、つまり会社でいう利益や損益などが国民などにむけて発表されます。消費者物価指数、輸出入に関すること、住宅着工数などといろいろな経済指標と一口にいっても、様々なものがあるのです。FXでは、その経済指標の発表がある日は、一つの稼ぎ時なのでその日にちに合わせて準備をしてきているFXトレーダーは多いはずです。

なので、FXトレーダービギナーになった人は、自分もと意気込んでいるのではないかと思いますが、まず経済指標の発表があるということはどうやって知ることができるのでしょうか。経済指標が発表されてから、新規注文を出しても時遅しということもあるので、いかに前々から準備できるてるかが大切になります。では、経済指標の日程を知る方法ですが、ほとんどのFX会社のサイトにはこの経済指標のカレンダーがあるので誰でも閲覧できるようになっています。その経済指標のカレンダーには、一ヶ月前後の情報が主に記されていて、扱う通貨に関する経済指標の日程で埋まっているのです。

アメリカだけでなく、日本、ヨーロッパ、オーストラリア、中国などの国の経済指標の日程が書かれており、またFX会社によっては予測指数が書かれてある場合もあります。予測指数というのは、その経済指標で発表される数字の予測なわけですが、この予測をたよりに自分の身の振り方を決めるというFXトレーダーもいて、なかなかばかにできないものです。けれどこの予測指数は実際の発表と離れていることもあり、そうなるとFXトレーダーとしては向かい風となってしまうのではないでしょうか。

また予測と実際が近すぎても値動きがあまりなくなるという、市場のマンネリ感もあるでしょう。経済指標はFXトレーダーとしては一つのイベントのようなもので、参加しないということもまた可能なのです。FXトレーダーによっては予測しづらい経済指標に嫌悪感がある人もいるので、経済指標を追い風とするか向かい風にするかは自分の考え方次第なのです。